安心で健康で丈夫で手づくりの家家

建てる家

家づくりは、そこに住む人によって
さまざまに形が変わるものです。
ですから最適な提案をして、
より満足していただける家をしっかりとした
技術で提供したいと思っています。

私たちはそこに住まう人の個性や感性を対話からくみ取って、
その人に「ぴったり」な家を探ります。

しかし時に「それはできません」ということもあります。
信念から外れることはたとえお客様の要望でも断ることがあります。

それらすべては、対話から生まれるものだと思っています。
ですから、できるだけ心をつないでおつきあいをさせて
いただいています。

住む人

住む人も人それぞれですね。
楽しいこと、落ち着く場所、よく動く人、じっとしていたい人。
家族の中でさえ違う感性が同居しています。

そこに住むすべての人が、安心して住める家がいいですね。
ですから設計も住む人に寄り添った「ちょうどいい」を提案します。

そこに住む人とこれから起こるであろうことも考慮した家作りを心がけます。

設計して施工する。そして直していく

設計して施工する。古くなったら直していく。

これが鹿島建築のスタイルです。

実は当たり前のことなんです。

家を作り維持する。家と一緒にずっと付き合いがつづきます。

また設計したものが施工することによって、

想いや希望がダイレクトに違和感や、

不安なく反映できると信じています。

小さな工務店

鹿島建築は町の小さな工務店です。

小さな工務店は展示場や、豪華なパンフレットなどはないですが、
小さな工務店にしかできないことを
お客様に提案していきたいと思っています。

たとえば、時間をかけてしっかりと施工すること。
大工さんは「いい仕事がしたい」とみんな思っています。
しかし大手メーカーの仕事ではそれは満たされません。

作り手を満足させるような家を一緒に作りませんか。

見極める

職人が一つ一つ個性の違う木を見極めて、一人一人がそれを判断して、木を加工していきます。

構造材一つにも想いいれが生まれます。

木でつくる

天竜の森で育った杉、ヒノキを構造材として使います。

木の家に住むことで
少しでも森に元気を与えることができます。